最近、全国的にとても人気が高くなっているのが、公立中高一貫校です。魅力的な指導内容や進学実績、私立中学に比べて安価な学費などがその理由のようですね。

私立中学受験に比べて、特別な対策は少ないと言われていますが、公立一貫校はとても高い競争倍率のことが多いので、なんらかの形で受検準備をしている方がほとんどだそうですよ。

  • 公立中高一貫校が残念なら、地元の公立へ行くつもり。受検対策は必要?
  • 近所に公立一貫校あり。同級生が大勢受検するので、うちの子も受けたがってる!
  • 公立なら学費が少なくて、正直助かる。受検対策の費用もできるだけ抑えたい!
  • できれば周りの人に知られずに、公立一貫校の受検対策をしたいけれど、どうすれば?

公立中高一貫校の受検で行われる「適性検査」では、小学校での学習範囲の知識をベースに、高度な思考力や表現力が必要となっています。

通信教育の講座なら、中学受験塾に比べて少ない費用で対策が取れますし、家庭で準備できるので、学校行事や習い事などとも両立しやすいのではないでしょうか。

適性検査対策講座がある通信教育

適性検査で求められる思考力や表現力を家庭学習で付けられる通信教育には、Z会、進研ゼミがあります。

Z会小学生コース  専科:公立中高一貫校適性検査

Z会小学コース東大・京大をはじめとした大学受験で実績のあるZ会の公立中高一貫校適性検査のコースです。

5・6年生対象の適性検査のコースと6年生対象の公立一貫校作文コースがあります。

受検で求められる5つの力を身につけるともに、社会で活躍できるベースを育てることを目標としています。

公式サイトを確認する ↓
Z会小学生コース 専科:公立中高一貫校適性検査
当サイトの詳細をみる ↓
Z会小学生コース 専科:公立中高一貫校適性検査

進研ゼミ小学講座 作文・表現力講座 中高一貫校受検対策コース

challenge-ikkan200最も多くの小学生が学んでいる通信教育講座としてもおなじみの進研ゼミ小学講座にも公立中高一貫受験対策の教材があります。

作文・表現力講座のコースで、5・6年生が対象です。

適性検査で求められる作文力や総合問題をつく力をつけるだけでなく、全国の公立中高一貫校の内容など、受検に必要な情報も得られるようですよ。

公式サイトを確認する ↓
進研ゼミ小学講座 作文・表現力講座 中高一貫校受験コース